<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
title_pict スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by スポンサードリンク at | - | -

title_pict 「残念だよ…本当に残念だ…」
映画「SP」がすごくおもしろかった…!(`・ω・)

仕事のほうはもうすぐ落ち着きそう…ほぼつきっきりで教えてた新入社員がいきなり会社やめますとか抜かしやがりそのまま一週間で消えていったりもしましたがわたしは(わりと)元気です!!
事情があるのはわかってて自分が大人気ないのもわかる…わかる…けど…

まあいいや、今はそんな話どうでもいいわ。


「SP」は金城一紀原案&脚本、最初は深夜ドラマで今回遂に映画化。金城一紀だからってドラマを見てけっこーおもしろいなと思って今回の映画。
踊る3がアレだったんで、期待したいけど不安になりつつ野望編&革命編という前後編仕立てにも不安を煽られたりしつつ…でも心配することなかった!

全然小説とはテイストが違うけど、こういう!めちゃくちゃカッコイイアクションが!とにかくアクションが!やりたいんじゃー!!というものっそい主張がビシビシ伝わってくる感じだ!

そんなすごい爆発演出とか、CGとかも(たぶん)使ってないのに生身の人間のアクションシーンだけでこんなに興奮できるものなのか!自分がアクション好きになったことにもびっくりだ!

今回ぼんやり思ったけど金城一紀の理想のアクションってのは文字では無理なんだろうなー。文字で書いてたこととは全然違うことを映像で言ってる気がする。

金城一紀脚本だって聞いたとき、文字と同じ雰囲気を知らず知らず期待してて、でも全然違うものを見せられて、それでもおもしろいと思ってる。「こんなの違う」とは思わなかったんだよねー。すごいな!

完全に妄想乙ですが、たぶん金城一紀はCGとか爆発とか(爆発はしてたけどw)使わなくても生身の人間だけでまだまだこんなにアクション映画はおもしろくなるんだぜ!って言いたいんだろーなぁ。

そしてそんなアクションやっちゃう岡田准一すげぇ。映画「フライ・ダディ・フライ」ではそこまで思わなかったけど(金城一紀の「小説」の映画化だし)、人間こんな動くんかー!すげぇえええええ(゜Д゜)ってなりますわ!

金城一紀と岡田准一って前から仲良くて、こんなアクションシーン撮りたい!って言ってたらしいけど。脚本と役者だけじゃなくて、音楽とか、監督とか、カメラマンとか、いろんなものが素敵に作用しあっていいほうへ働いた映画だと思う。革命編絶対見に行くぞ…!はやく公開しないかな!

Posted by chrono1227 at 21:46 | - | comments(0)

title_pict スポンサーサイト

Posted by スポンサードリンク at 21:46 | - | -

コメント
コメントする







この記事のトラックバックURL
http://chrono1227.jugem.jp/trackback/347
トラックバック

Recent Entries

Categories

Archives

Recent Comment

Bookmarks

Profile

photo nicky!!!